映画紹介ゆらり「美しい星」三島由紀夫に脳天一撃~

      2017/06/08

 

「美しい星画像」の画像検索結果

引用元:http://gaga.ne.jp/hoshi/img/head.jpg?date=201700526

 

こんにちは~映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます

 

初めてお越しいただいた方もごひいきにして頂いているかたも
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します
私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
「感動した作品を沢山の人に共感したもらいたい」
そんな想いでブログを綴っています。

 

氣になった作品をみて元氣になってもらえたらHappy~

 

それでは

作品紹介

いってみよ~う^^

 

物語    ★★★★★
キャスト  ★★★★★
映像    ★★★★★

 

監督         吉田大八

 

キャスト

 

気象予報士・重一郎   (リリー・フランキー)は火星人
息子の一雄              (亀梨和也)は水星人
娘の暁子                 (橋本愛)は金星人
妻の伊余子              (中嶋朋子)

黒木        (佐々木蔵之介)

 

あらすじ

 

予報が当たらないと話題の気象予報士・重一郎(リリー・フランキー)は、さほど不満もなく日々適当に過ごしていた。ある日、空飛ぶ円盤と遭遇した彼は、自分は火星人で人類を救う使命があると突然覚醒する。一方、息子の一雄(亀梨和也)は水星人、娘の暁子(橋本愛)は金星人として目覚め、それぞれの方法で世界を救おうと使命感に燃えるが、妻の伊余子(中嶋朋子)だけは覚醒せず地球人のままで……。

シネマトゥデイより

感想

 

 

まず「リリーフランキーのあのポスター」・・あれを見たら、なんだかきになりますよね~そして原作三島由紀夫ですから・・・なぜか見なければ~と思ったわけです。本は読むのに時間がかかりますが、映画は受動態ですので流れゆく映像をみていれば作品の内容は大まかにわかりますからね~楽して楽しもう!的な感覚で、役者のうま味を感じながらです(#^.^#)じつは私三島由紀夫の作品は一つも読んでおりません。興味はあったのですが、ハードルが高い、難解かな?と敬遠しておりまして^^情報は全くのゼロで名前しか知らない状態での鑑賞でした。

「美しい星画像」の画像検索結果

これが三島由紀夫だ!!と言われる作品なら、も~最高ですね^^三島由紀夫に脳天に一撃くらった感じです。脚色は加えているでしょうが彼(三島)が言いたい事をこの時代にこのように表現していたことに非常に驚きです。先の先を読み切っている感じがします・・・三島も多分、宇宙人でしたね。そして吉田監督も、間違いなく宇宙人でしょう!(^^)!

まず配役での感想を。重一郎(リリーフランキー)の普通ぽい中年男性がいいですな~絶対そうじゃない!と思える人が普通の役をすることで面白味がましてくるから不思議ですよね~次に暁子(橋本愛)、彼女のこんな役柄が私は大好きなのです、ちょっと冷めている感じでクールとはまた違う、控え目という事でもなく普通ぽくない女子大生を好演しています。一雄(亀梨和也)は何かを求める野心溢れる熱血フリーター伊余子(中島朋子)は時間を持て余し、生きがいを求めて翻弄する主婦。何か普通でない雰囲気を感じ、妙な距離を置く家族をリアルに感じさせるキャストがよかったですね~極めつけは謎の黒木(佐々木蔵之介)真顔が迫力あり過ぎです^^

「美しい星画像」の画像検索結果

引用元:http://gaga.ne.jp/hoshi/img/head.jpg?date=201700526

その『地球人としての家族』の「破滅」と『地球』の「破滅」がうまくリンクされて表現され、目に見えない「家族の絆の破壊」を地球の「環境破壊」になぞり、『ふざけた宇宙人家族』が家族の絆を再生させていく様を見本に見立てて、地球再生を促すあたりが非常に面白い!!

『何を馬鹿馬鹿しいことを言っている!!』そう言われる人達が、時代の流れを変えてきたことは歴史をみれば明らかだ。変換期を先導してきた先人は宇宙人だったのかもしれない、そう「宇宙人家族」もそんな先人なのかも、とある種の錯覚をさせられる作品なのです。ですがキーマンである黒木(佐々木蔵之介)が言うことが妙に納得させられる・・・人間の知能の範囲内で地球を救おう!なんて、おこがましい限り!だ、と言わんばかりに。地球温暖化でも人間のしてきたツケが回ってきたと勘違いしている事自体が間違いだと・・・ただのサイクルの一つにすぎないことを、まるで人間が支配できることのように・・・

ですが最後には、宇宙人であろうがなかろうが、どうでもよくおもえてくるのですけれどね  みんな地球人として生まれてきているわけで・・・嫌でも、地球人の人生を歩むわけになるのですから(;^ω^)。

最後

 

 

黒木の持っていた「スイッチ」あれは地球の破滅を示唆するものでしたが、ふざけた地球人が暮らす地球を他の惑星の住人がどうこう口を挟む事でもないのですが、これには深い理由がありそうです。スイッチは・・・黒木が謎めいた行動をすることで現実的になっていくのかもしれませんが、最終的判断は地球人、一人一人にゆだねられるラストシーンだったのかと思うのです。深い理由、それは私の中の伏線、映画「メッセージ」(過去記事も合わせてどうぞ)にも相通じるものがあります

そして最後、重要なことに氣づけた私は、かなりハイテンションになって興奮しまくりでした。
重一郎が宇宙船に乗り込んで目覚めた瞬間に!!私は思ったのです、私は何のためにこの地球に生を持ったのか~紛れもなく『地球人人生を謳歌する為』だったと!!!

『任務完了、お疲れ様でした』コンピューターの声、それはとてもとても、退屈でつまらない響に聞こえるのでした。原作も読んでみようかな?そんな氣になってしまいました~^^

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね~(≧▽≦)

最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします(@^^)/~~~

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村


映画レビューランキング


 - オススメ映画, ヒューマンドラマ, ロマン , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。