ゆらりオススメ映画「何者」佐藤健~若手俳優が現代の就活を描く

      2017/05/20

 

「映画何者画像」の画像検索結果

こんにちは~ 

 

映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます。

初めてお越し頂いた方も
以前からごひいきにして頂いている方も

貴方との繋がりをもてた
「映画という素晴らしいものに」謝します

私の栄養補給‟映画”といっても過言ではありません(笑)

「感動した作品を沢山の人に共感してもらいたい」
そんな思いでブログを綴っています

氣になった作品をみて元氣になってもらえたら
それだけHappy

 

それでは

作品紹介

いってみよ~う

 

「ヒューマンドラマ」

 

物語    ★★★☆☆
キャスト  ★★★★★

 

監督         三浦大輔

 

キャスト

 

拓人  (佐藤健)
光太郎 (菅田将暉)
瑞月  (有村架純)
理香  (二階堂ふみ)
隆良  (岡田将生)

 

あらすじ

 

 

大学生の主人公 拓人(佐藤健)は光太郎(菅田将暉)とルームシェアで同居していた
光太郎は就職活動を前にバンドを引退することに、そしてライブを見つめる拓人・・・

「映画何者画像」の画像検索結果

 

ある日、光太郎の元カノ瑞月(有村架純)が突然、家にやってくる
友達の理香(二階堂ふみ)が上の階に住んでいるからという理由で
瑞月が2人を理香に紹介すると
同じ就活仲間ということで意気投合する4人
そこに理香の彼氏 隆良(岡田将生)が加わり
理香の部屋を就活対策本部ということで活動拠点にするが
少しずつ個々の内面を露出してくることに・・・

「映画何者画像」の画像検索結果

 

感想

 

これは痛いところを突いてくる作品でしたね~えぐられる感じですかねぇ
見た人は少なくとも重い何かを持って帰ることになったのではないかと思います^^
誰もが共感できる‟何か”を5人は見せつけたと感じるわけで
それもあまり前面に出したくない、できれば自分の中に隠し持っていたい‟何か”
自分でも否定したい自分の『闇』の部分でしょう

 

作品は拓人の分析を介して、それぞれの闇を突いてくるのですが
それは結局、何者にもなれない拓人の『闇』がそうさせていることに気づくことになるわけで
人は余裕のない状況で追い込まれていくと必然的に他者を攻撃したくなり
守りの体制に入ってしまう心理状態になってしまうのもうなずけてしまう私なのです

 

ひと昔前の自分を投影しているようなこの作品に苦い想いが重なり
そうそう!とうなずきながら成長した自分を確認できた気がしましたね^^
分かりやすくいえば、嫉妬 妬み 恨み ネガティブぜんか~い!!そんな調子でしょうかね(笑)
スパイラルにはまると、なかなか抜け出せない(゚ ̄▽ ̄;))
一度や二度は誰も経験があるのではないかしら?そんな気がします

 

最後

 

世間の一般常識に流されていく自分、そんな自分を本当は否定したい自分
だけれど真向から否定しきれない自分、どっちつかずの立ち位置にジレンマを感じる毎日の拓人
見ればモヤモヤしますよね多分(笑)

 

生きること自体がぼんやりしている現代において、昔ほど必死に「生きる」ことを感じずらくなっているように
そんな今だから就活を生存競争になぞり、生死をかけることは人間の内面が露出していく
そんな醜い様をありありと描いた作品、なのではないかと思うのです

 

ですが最後 面接会場 において『1分間で自分を表現してください』・・・
面接官の言葉に、回答し始める拓人は、自分の言葉に
明確な『欲しかった答え』を見つけることが出来るのです

「映画何者画像」の画像検索結果

そして確信と共に成長した彼を見ることができ、鑑賞していた私も自分のことのように
嬉しくなりました^^

画像引用元:https://prcm.jp

映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね~(^_^)

 

最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら、ポチっといいね!お願いします(^.^)/~~~

 

 


 - サクセスストーリー, ヒューマンドラマ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。