映画紹介ゆらり「ヒューゴの不思議な発明」スコセッシ3D映像美が際立つ

      2017/07/13

関連画像

引用元:http://cinema.pia.co.jp/news/155166/44819/

「あ~よかった!!」ほとんどの映画に涙する感動屋
映画大好きのゆらりです

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
初めてお越し頂いた方も以前からごひいきにして頂いている方も
貴方との繋がりをもてた「映画という素晴らしいものに」感謝します
遠足でのお弁当確認のごとく、映画館では必ずハンカチを用意してからの鑑賞が当たり前。忘れたときの落ち着きのなさは半端ない!!まるでお弁当に箸を忘れた時のようだね^^
そんな私が「感動した作品を沢山の人に共感してもらいたい」
そんな思いでブログを綴っています

私の栄養補給は‟映画”といっても過言ではありません(笑)
紹介映画を楽しんでもらえたら とってもウレシイ!!

 

それでは

作品紹介

 

いってみよ~う

「SF ファンタジー」

 

希望   ★★★★★
愛    ★★★★★
映像美  ★★★★★☆彡
物語   ★★★★★

監督      マーティン·スコセッシ

 

キャスト

 

 

孤児の少年ヒューゴ  (エイサ・バターフィールド)
少女イザベル     (クロエ・グレース・モレッツ)
ジョルジュ      (ベン・キングズレー)

 

あらすじ

 

1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一の友達は、亡き父が残した機械人形。壊れたままの人形の秘密を探るうちに、イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)とジョルジュ(ベン・キングズレー)に出会う。そしてヒューゴは、機械人形には驚くことにジョルジュの人生に関わる大きな秘密が隠されていることに気づくのである。

関連画像

引用元:http://blog.goo.ne.jp/barriosmangre/e/f550ee3259b7b4dca3ecfe1b8a148edc

感想

 

監督の名前に釣られて劇場へ(笑)本当に良かったですね~。舞台は1930年パリ駅の時計台にひそかに住む少年ヒューゴが主人公、彼の心のよりどころは亡き父親が残した謎の機械人形だけ…スコセッシはどんな作品に?興味津々で観賞しました^^

 

冒頭から、年代を感じさせないほどのリアリティーな3D映像に、あっという間に引き込まれていってしまうこと間違いなしです^^間髪入れずに場面が変わっていく展開に『映像が美しい』の一言。まるで自分が駅舎の中で優雅にお茶でも飲んで、行きかう人々を眺めている気分になるほどです。

 

そして、ヒューゴの視点での映像に『ブルーアイ』がアップで強調されているのがとても印象にのこります。『淋しげで繊細でもの悲しい彼の瞳』これだけの事なのですが、ヒューゴの背景が多くを語らずとも想像出来てしまうのです。スゴイ映像技術とで?もいいますか、演出?とでも言いますか、ま~とにかく素晴らしいのです^^これじゃあ~まるで、小学生以下の感想文ですね^^テヘッ

 

余談ですが、私はこの作品からエイサ・バターフィールドのファンになってしまいました。俗に言う「瞳のとりこ」です^^魅力的な瞳は、目力という感じではなく、う~ん、いつまでも見ていたい?と思わせる瞳でした。(意味不明?かしら^^)

「映画ヒューゴの不思議な発明画像」の画像検索結果

引用元: http://www.hollywood-news.jp/news/movie/55841/

 

 

ヒューゴが生きる『現在』とジョルジュの『過去』が「機械人形の鍵」がカギで(洒落じゃあありませんからね、本当に鍵がカギなのです)繋がるのです。過去と未來がリンクする事で謎が深まり、更に謎が観客を引き付ける。ここまでくると目が離せない状況です(≧▽≦)

「映画ヒューゴの不思議な発明画像」の画像検索結果

引用元:http://www.blister.jp/item23277.html

 

希望を失ったクリエイター『ジョルジュ』に再び命を吹き込んだのは、若きクリエイター『ヒューゴ』機械人形は未来と過去を新たな方法で繋いでいく役目をはたしたのです。『世界が一つの大きな機械なら、いらない部品なんて1つもない』ヒューゴの言葉ですが、『人はそれぞれの役目を担っている』と、これはスコセッシの強烈なメッセージなのでしょうね( ^ω^)・・・

 

最後

 

 

なによりあふれんばかりの『ファンタジー作品』でしたので、ビックリしたことと同時に予想を遥かに越えた満足感を得られました。スコセッシのもう一つの一面に いいね

 

私のお気に入りの一つです。映画を観たあともビデオで3回観ましたよ~
ぜひ見ていただきたい作品の一つです^^

引用元:https://youtu.be/UXgYiwBAbHA
映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね(≧▽≦)

 

最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします(^.^)/~~~


 - オススメ映画, ヒューマンドラマ, ファンタジー, ロマン ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。