Myアカデミー「スタンリーのお弁当箱」生きる力を再確認!

   

こんにちは~
映画大好きのゆらりです
当ブログにお越しいただきありがとうございます

 

初めてお越しいただいた方も
以前からごひいきにしていただいている方も^^

 
貴方との繋がりを持てた
映画という素晴らしいもの」に感謝します

 
私の栄養補給は映画と言っても
過言ではありません(笑)

 
「感動した作品を沢山の人に共感してもらえたら」
そんな想いでブログを綴っています

 
氣になった作品をみて
元氣になってもらえたら
それだけでHappy

 
それでは
<作品紹介>いってみよ~う^^

「スタンリーのお弁当画像」の画像検索結果

「超オススメ映画」
「ヒューマンドラマ」

 
泣ける   ★★★★★
笑える   ★★★☆☆
切なさ   ★★★★☆
生命力   ★★★★★

 

 

インド映画にはまりつつある昨今
ビデオショップでも目に留まりながら
氣にはなりつつ素通りしてきた作品で
やっと観ることが出来ました

 
最近はいい意味で予想を裏切られる
そんなものが多く、嬉しい悲鳴が聞こえます
この作品もその一つ
もっと早く見ておけばよかった~って思います

 
後半はほとんど泣きっぱなし(笑)
涙がダダ漏れ、止まらない
コタツの上は鼻水ティッシュの山
まいったな~そんな感じです

 

<あらすじ>

 
主人公スタンリーはクラスでは人気者の小学生
家庭の事情で学校にお弁当をもっていけない
そんな彼の事を察してクラスメイトがお弁当を分けてくれる
お昼ごはんをみんなで食べていることで
ある問題が発生するのである

 

「スタンリーのお弁当画像」の画像検索結果

 

<感想>

 

インドの学校事情が分かりずらいので何ともいえないが
日本では給食が当たり前のことになっていて
日本の給食のシステムには恵まれていると
再認識する作品でもありました

 
そして、登場人物の人間性とでもいうのか
中盤まで平常心で観ることが出来ませんでした

 
自分の‟怒り”を横に認識しながら
それをなだめる自分も再確認
「どうどうどう」まるで馬でもなだめるように
自分を落ち着かせているもう一人の自分

 
「あり得ないだろう!そんなこと」
そう思う反面
「いや、まてよ!」
自分の周りでもたぶんきっとこんな事あるんだろう

 
そう瞬間的に反応しながら
脳みその記憶を振り返ってみた

 
‟大人”という鎧を身にまといい
本当じゃない「理不尽な」なにかを押し付ける
子供にとっては反論する場が与えられない
逃げ場をふさがれ、圧力をかけるられるのである

 

「スタンリーのお弁当画像」の画像検索結果

子供を人として対等に接しているか
私達大人のあり方が
まざまざと浮彫にされている感じです

 

インド映画では珍しく
ダンスシーンもなけれは歌もない
なのにここまでの作品に仕上がっていることに感動です

 
一番の魅力は生きる力です
こんな子供に生きる術を教えてもらった気がします

 
「トラッシュ!」を思い出しました

 

人間は想像以上に強いのです
真剣に生きている人には
ちゃんと味方がついているのでしょう

 
インドの社会問題を浮き彫りにしながら
その問題を乗り越えていくスタンリー
生きる力  人間の強さ を強く強く感じながら
人間の生命力の強さを喜びと感嘆の想いで観ることが
出来ることと思います。

 

 

<最後>

 
大人になるにつれて計算高くなり
今を生きることよりも未来の心配ばかりする自分に
警告を出されている!
イエローカードですね(笑)

 
物語がラストに向うなか
心のどこかに引っかかる疑問が徐々に解けるわけなのですが
やはり、また大泣きです
そして自分が母親であることの役割を感謝するとと共に
幸せをかみしめる思いでいっぱいになりました。

 
レッドカードが出される前に
今を楽しむ生活を心がけようそう思える作品なんです

 

「スタンリーのお弁当画像」の画像検索結果

最後
さあ!朝だよ!
お弁当をを持って学校に行くスタンリーの姿が
未来に羽ばたく鳥のように輝いてみえました
とても美しい!!

 
映画の為に生きている(笑)
映画という名のビタミン剤
映画って本当にいいですね~

 
最後までよんでいただきありがとうございます
感想が面白いと思ったら
ポチっといいね!お願いします


 - ヒューマンドラマ, 超オススメ映画 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。